横浜関内の整体ブログ

肩こり腰痛は骨のゆがみから【横浜関内の整体リ・サンテ】

姿勢の歪み

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの八木です。本日の横浜関内のお天気は曇り。

 

先日のお客様、姿勢が丸まり猫背の姿勢が気になるとご来店されました。

骨格ドックで検査を受けていただくと、肩が内に入り、骨盤が後ろに倒れ、背中が丸まり猫背になっていました。

肩を開き、肋骨を上げ、骨盤を前に出し、背骨を整え座って確認していただくと背筋が伸ばしやすくなり、楽に背中が伸ばせると変化を実感されました。

 

お腹を引っ込め、胸に空気を入れ、顎を引いた状態がいい姿勢に近い状態と言われています。

この体勢を取った時に違和感がある人は姿勢に歪みがあると考えられます。

ご自身の姿勢をチェックしてみてください。

f:id:resante:20200919163530j:plain

▲4連休なにをして過ごされますか。

体幹を整え腰の不調改善

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は晴れ。

 

腰の不調をかかえるお客様のお話を伺うと、長時間同じ体勢が続くと痛みが増すという方が多くいらっしゃいます。特に座っている時間が長くその際不調を感じる方は、腰だけでなく腿の裏側の張りにも注意が必要です。

 

腿裏の筋肉(ハムストリングス)は長時間座ることで下からの圧によりごく僅かではありますが大腿骨は歪みます。骨が歪む事で周辺の筋肉が張り様々な不調を引き起こす原因の一つと考えられますが、大腿骨の歪みの場合、ハムストリングスが張る→骨盤が後傾しやすくなる→猫背のように姿勢が悪くなるというような負の連鎖を引き起こしやすくなります。

 

腰の不調には大腿骨から調整する事で身体の前後のバランスが整い腰への負担も和らぎます。

不調を感じる箇所だけでなく、身体の根本の骨格をきれいに整えることが復調を促す第一歩です。 

f:id:resante:20200918181012j:plain

▲調整後の立ち姿で体幹の変化を感じる根本からの骨格調整

関節部分の可動域

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの平野です。本日の横浜関内のお天気は曇り。

 

先日のお客様、体が硬くてもっと柔らかくなりたいとお話しがありました。

骨格ドックの検査を受けていただくと股関節周りの歪みもあり、筋肉もガチガチに固まっているような状態でした。

 

体が硬くなると、可動域も狭くなり動きが小さくなることによって柔軟性がより低下してしまいます。

 

ストレッチを行なっている方に一つぜひ試して頂きたいのは骨からの改善です。

特に股関節は恥骨、坐骨、骨盤、大転子の歪みがあると可動範囲が狭くなりますが正しい位置に戻すことで、今までよりも大きな動作ができるようになります。

 

特に、体で表現するダンスやバレエをされている方は可動域や動作で悩まれている方にはおすすめです。 

f:id:resante:20200917123351j:plain

▲柔軟性が出る事で血流の巡りも良くなります!

長年悩んだ腰の痛み

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの八木です。本日の横浜関内のお天気は曇りのち晴れ。

 

先日、何年か前にギックリ腰をやられてからずっと腰に痛みがあり、整形外科や整体、治療院など、どこに行っても良くならず、痛みを耐えながらお仕事をされているというお客様が奥様のご紹介でご来店されました。

 

特にお尻の真ん中と背骨(腰椎)のところに痛みがあり、骨格ドックで検査を受けていただくと、骨盤のねじれと仙骨が陥没し、腸骨が後ろに倒れて前後の歪みがあり、臀筋が硬く、さらには腰椎の横ズレと上倒れといって背骨を触るとボコボコと出ていました。調整をし、確認をしていただくと、「慢性だと思い、この先ずっとこの痛みと付き合っていかなければならないと思っていたのに痛みが無い!」と大変喜んでおられました。

 

レントゲンでは異常なし、でも痛みはなくならず困っている方、それはレントゲンに写らないほんと少しの骨の歪みが原因かもしれません。なかなか痛みが良くならなくてお困りの方、お気軽にご相談ください。

f:id:resante:20200916132710j:plain

▲是非一度、骨の整体をお試しください!

浅く座るのがポイント

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの平野です。本日の横浜関内のお天気は曇りのち晴れ。

 

先日、お客様から立とうとする動作や歩きはじめの一歩で股関節に違和感があるとのことでした。仕事はデスクワークに為、一日中座っていることがほとんどのようです。

 

長時間座りっぱなしだと、股関節がずっと曲がっている(屈曲)ため、圧迫されてしまい血流が滞り違和感が出てしまいます。すこし動いたり、歩いていると自然と違和感が無くなるのは動くことで流れが良くなるからなのです。

 

あとは座り方でも体の負担は大きく変わります。座る際、深く腰をかけてしまうと骨盤が後ろに倒れて、姿勢も悪く見えてしまいます。ポイントは浅く腰を掛けて頂く事です。自然と骨盤が立つので体に負担が掛かりにくい座り方です。まずは少しの間だけでも意識されると良いかもしれません!

f:id:resante:20200915094234j:plain

▲少しの間浅く腰を掛けてみて下さい!自然と姿勢も良くなります。

骨格ドックで日常の癖に気づき不調改善

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は曇り。朝方は気温も下がっていてすこし肌寒さも感じました。

 

先日のお客様、骨格ドックで骨盤周りの検査を受けていただくと骨盤が捻れていました。その事をお伝えするとお心当たりがあったようで、良くないとは思いつつもその体勢をしてしまうとお話ししていました。

 

骨盤の歪みは、下半身のむくみや冷えの原因となる血流の悪さや慢性的な腰の不調を引き起こす原因の一つです。

仰向けに寝た状態で膝を立て左右に倒した際、左右差がある方は骨盤が捻れている可能性があります。私もストレッチをする際歪みのセルフチェックをし左右差がある場合は調整をしています。

 

先程のお客様も、骨盤を捻った状態で作業が続き、仙骨や股関節の歪みにも影響を及ぼしていましたが、習慣的にお手入れをするようになり今まで感じていた不調が気にならなくなってきたとおっしゃっていました。

 

日常の癖や生活習慣で身体は歪みます。歪みを知り定期的に正常な骨格の状態に戻すことが健康へつながるのだと再認識しました。

f:id:resante:20200914143340j:plain

▲上半身と下半身を繋ぎ、内臓の働きにも影響を及ぼす体の要とも言われる骨盤

首の寝違え

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は曇り。

 

先日のお客様、数日前に寝違えたのか首の可動範囲が狭く痛みが続いているとのことでした。骨格ドックで痛みがある箇所を中心に検査をすると頚椎に歪みがあり調整しました。するとある程度可動範囲は広くなったものの首を動かすと肩のあたりがつれる感じがするとのこと。再度その辺りを中心に検査をすると肩甲骨もだいぶ歪んでいました。

 

調整後は、寝違えたような首の違和感も解消され、肩の動きもスムーズになったのか肩甲骨も良くなかったんだなと変化を実感されていました。

 

不調の原因は1つとは限りません。今回のお客様のように強い痛みを緩和することで、ご自身では気付いていない潜んでいる不調につながる痛みを解決することにつながります。

 

長時間のパソコン、スマートフォン利用は肩が内旋し肩甲骨が歪みやすくなります。不調が広範囲に広がる前に根本の骨格から整えましょう。 

f:id:resante:20200913115512j:plain

▲検査、施術、確認のプロセスを繰り返し根本の原因から改善を目指します。