横浜関内の整体ブログ

肩こり腰痛は骨のゆがみから【横浜関内の整体リ・サンテ】

猫背は肩甲骨も歪みます。

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は晴れ。

ここのところの冷えは本当に身体にこたえますね。ついつい背を丸めて寒さから身を守りたくなります。

ただ、背を丸めると肩が内旋するだけではなく、肩甲骨も外側に引っ張られ歪むことはご存知ですか?酷くなると、腕の方まで痺れが出ることもあります。

背を伸ばし際、肩甲骨付近の違和感、腕の回しにくさは歪みの可能性大です。

凝り固まってしまう前に、正しい位置に調整しましょう。

 

f:id:resante:20171214144838p:plain

▲姿勢の悪さが影響します。

骨の調整で体を動かす環境を整えてあげること。

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの平野です。本日の横浜関内のお天気は晴れ。

 

先日のお客様、「身体を動かしている時に呼吸が苦しく感じる」とのお話し。そのような方は姿勢が原因となっているケースが多く、パソコンやスマホを見る姿勢は気になりませんか?

 

内側に巻いている肩を外側に開いて胸郭を広げることによりデコルテが解放されて深い呼吸が出来るようになります。運動を楽しみたい方、まずは骨の調整で体を動かす環境を整えてあげることをおすすめします。

f:id:resante:20171213115319j:plain

▲肩を外に開いてあげるとデコルテも綺麗に!

喉の風邪が流行っているみたいですね。

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの平野です。本日の横浜関内のお天気は晴れ。昨日が暖かすぎたせいなのか、より冷えます。

 

冬は乾燥が気になる季節ですが暖房などにより一層乾燥します。ここ最近は喉からの風邪が増えているようで、咳をすると背中が丸くなり力が入るので息苦しくなり肩こりや背中の痛みを引き起こします。胸郭を開くように調整を行なうとスッキリし呼吸もとても楽になります。

 

暖房による部屋の温度と外の気温の差により風邪をひきやすくそして年末に向けて、忙しさで自律神経が乱れ緊張状態が続き心身共に休まらない方も多いようです。たまには暖かいお風呂に浸かりリラックスしてくださいね。 

f:id:resante:20171212155244j:plain

▲風邪予防対策していますか?

座る際に、臀部のつき方に違和感がある方は坐骨の歪みがあるかも。

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの平野です。本日の横浜関内のお天気は晴れ。12月とは思えない暖かさです。

 

先日いらっしゃったお客様、臀部からももの裏、ふくらはぎにかけて張りと違和感があるとお話し。骨格ドックで検査をすると、腸骨、仙骨、坐骨、大腿骨に歪みがありました。調整後確認していただくとももの裏の張りも緩み、腰を掛けた時にちゃんと座れているとおっしゃっていました。座る際に、臀部のつき方に違和感が度々あるそうで、両方均等に圧がかかっていないと片方の坐骨に体重がかかり歪みやすくなってしまいます。

 

気づくと片方の臀部に体重がかかりやすい方や座った時に臀部に違和感がある方は坐骨の歪みの疑いもあります。歪みの範囲が広がる前にご相談ください。 

http://resante.jp/

f:id:resante:20171211121016j:plain

▲無意識にこのような座り方になっていませんか?

 
 

毎年この時期に腰痛が。

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの平野です。本日の横浜関内のお天気は晴れ。

 

寒くなると、身体の具合が悪い箇所が表面に出てきやすくなります。寒さで筋肉が硬くなり、動いたさいにグキッと。特に腰痛などでこのような経験をした方は多いのではないのでしょうか?「毎年、この時期に腰痛が。」という方は特に注意しなければなりませんね。

 

骨の歪みを元の位置に戻したのに生活習慣やご自身の癖でまた歪んでしまっていたり、骨の歪みが強く完全に元の位置に戻っていないというのにあてはまる場合が多いです。ですから、身体の異変に気付いた際はそのままにしないことが大切です。

 

f:id:resante:20171210180223j:plain

3Fカトレヤ広場にクリスマスツリーが!

 

免疫力を上げる生活を心がけて。

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの平野です。本日の横浜関内のお天気は晴れ。陽があるとまだ暖かく感じますね。

 

免疫力が低下していると風邪をひきやすい身体になりやすく新陳代謝も悪くなり、浮腫みが気になる方が多いと思います。そんな時は骨盤の歪みを整えると内臓が正しい位置に収まり、腸内が活発に働いてくれます。冬に入り汗をかく機会が自然と減少するので身体に悪いものを溜めこんでしまうような気がします。

 

一日の終わりに湯船へ浸かる際も、湯船は38~40℃くらいのぬるめが良いと言われています。じっくりと代謝を高めていく時間を過ごして、免疫力を上げる生活を心がけましょう。

f:id:resante:20171209185752j:plain

▲内臓が正しい位置に戻る事で体に変化も出てきます!

寝起きのストレッチで血流アップ。

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は曇り。午後からは雨の予報、空気もとても冷たいです。

お客様との話の中で、「朝は一番痛みが強い」や寝起きでお子様を抱っこして腰に痛みがはしったなど、朝の体の不調をよく耳にします。

寝起きは、一番血流が良くないので、そういったトラブルは起きやすいです。

これから冷え込みがさらに厳しくなる季節、トラブル回避のためにも、血行を良くしてから行動を起こすことが大切です。

布団の中で伸びをしたり、手足をブラブラさせたりするだけでも、血が巡り、エンジンのかかりも良くなります。

寒くて布団から出られず、後もうちょっと!と思う時に布団の中でもできるストレッチ。ぜひお試しください。

  

f:id:resante:20171208123653j:plain

▲深い呼吸と共にストレッチを。